SEO対策におけるアクセス解析


SEO対策を行ううえで、Webサイトのアクセス解析は必ず行わなければなりません。 情報を探す場合、ほぼ100%検索エンジンにキーワードを入力することになります。このとき、どのようなキーワードで検索がされたのか、どこの検索エンジンからやってきたのかは必ずアクセスログのなかに記録として残ります。そこで、このログのアクセス解析を行うことで、どのようなキーワードが有効か、SEO対策に活用することができるようになります。 このとき、アクセス解析で出てきたキーワードは、SEO対策に重要なキーワードになります。このキーワードを元に、Webサイトの文章を再構成していくことになります。上手にタイトルに埋め込む、あまり数が多くならないように注意する、などです。 SEO対策は、一度だけ行えばいいというものではありません。もしかしたら、検索されるキーワードが変わっているかもしれません。そのため、一定期間をおいて繰り返しアクセスログを見てみる必要があります。最初のうちは効果があったキーワードが、今は別のキーワードに変わっているかもしれないのです。 検索されているキーワードが変わっているようであれば、新しくそのキーワードを使わないと、本来であれば見てもらえる・見てもらいたいユーザに届いていないことになります。このようなことがないように、こまめにアクセス解析を行い、チューニングを繰り返すことがSEO対策の基本になります。