SEO対策としての相互リンク


SEO対策としての相互リンクを考えるのならば、同時に他のサイトの被リンクを増やしたほうがより大きな効果を発揮することが出来るようになります。 SEO対策を考えるのならば、外部からのリンクと言うのは一方通行の方が遥かに高いSEO対策としての効果を発揮します。 そもそも、検索エンジンというのは被リンクのように外部から自身のサイトにユーザーがやってくるような仕様を非常に好みます。 なぜこのようなリンクが好まれるのかと言うと、外部から多くのユーザーがやってくるサイトは質の高いサイトであると検索エンジンが判断するからです。 基本的に、自身のURLがサイトの外部に張られているときには、自身のサイトの評価と言うのは相手サイトのコンテンツの一部として評価されます。 この前提は絶対に忘れてはいけません。 相互リンクによってある程度のSEO対策としての効果が発揮されるのは、質の良い相手サイトのコンテンツの一部として自身のサイトが評価されているからで、このようになるのは検索エンジンが評価の際に使用しているアルゴリズムが単純な文字列しか理解できないことに起因しています。 つまり、サイトのソースを読み取って評価しているわけです。 相互リンクがある状態だとお互いの評価が相手のサイトに渡ることになりますので、サイトだけの評価を見ればプラスマイナスでゼロになってしまうことも十分考えられるのです。 ユーザーを集める手段として相互リンクは非常に優秀ですが、だからこそ利用するときにはそれ以上に被リンクも獲得していなくてはいけません。